収納付きベビーベッドの窒息事故相次ぐ!図解つき解説

情報

収納扉がついた木製ベビーベッドで扉が不意に開き、乳児が窒息する事故が今年になって2件相次ぎ、消費者庁が注意を呼びかけています。

事故の状況やネットの声を集めてみました。

スポンサーリンク




事故の状況と防止策~図解つき

事故が相次いでいるのは下に扉つきの収納部分があり、床板の高さを調整できる木製ベビーベッドです。

図で示すと次のようなイメージになります。

今年6月、生後8か月の乳児が、収納扉が開いてできたすき間に首がはさまって窒息死するという事故がありました。

さらに、9月にも、同様の状況で生後9か月の乳児が重体になったため、担当の消費者庁が検証を行ないたした。

その結果、このタイプのベッドでは収納扉のロックが完全にかかっていないと窒息や転落事故が起きる可能性があるということで、消費者庁はロックを必ずかけ、ロックが壊れていたら使用を中止するよう呼びかけています。

ネットの声

今回の事故に関してのネットの声も拾ってみました。

このタイプのベビーベッドを使用していたけど、離れた箇所にある2ヶ所のロックを同時に外さないと開かない仕組みになっていて、幼児の腕の長さでは2ヶ所同時に開けることは不可能。ロックをきちんとすることや壊れていたら使用しないことが重要。ただ兄弟がいる場合、開けてしまう可能性がある。赤ちゃんより3歳、4歳が怖かったです。

ベビーベッドのロックって、バネの力なのか本来のロックじゃないところでも一見かかっている風になることがあって、うちは上側の柵の部分でヒヤリとしたことがあった(ふと手をかけただけで下がって驚いた)こういう事故があることを考えると、下側にもかなり注意が必要だな、と思う。

このタイプを現在8ヶ月の子供に使っています。
つかまり立ちしたら映像のような高さにして使用予定です。ロックをもっとしっかりするものにって意見もあるけど、そうすると疲れてると面倒くさくなる人もいるし…ある程度簡単にそれでもしっかりロック…これが理想。
これから先はベッド下に収納あるのは便利だけど結束バンドでも使って封印しようかと思います。

参考になるネットの声もありますよね。

説明書には危険防止のために詳しく説明されていると思います。

しかし、常に24時間注意しているというのもほぼ不可能なことですよね。

収納扉のロックだけでも、注意深く見ていけるようにメーカー側も利用者もしていきたいですよね。

スポンサー




タイトルとURLをコピーしました