ジェイミー・ジョセフ日本代表ラグビーHC続投決定!コーチ陣の去就は?

スポーツ

日本ラグビー協会は11月18日、ラグビーW杯日本大会で日本代表を史上初のベスト8に導いたジェイミー・ジョセフ(49=ニュージーランド)と、来年1月から、新たに4年間の契約を結んだと発表しました。

いち早く、ジェイミー・ジョセフに決まった経緯などを調べてみました。

気になるジェイミー・ジョセフを支えたコーチ陣の去就についても調べてみました!

スポンサーリンク

W杯後の去就に関する報道

ジェイミー・ジョセフHCは、W杯での日本の活躍により、その手腕が世界から評価されていましたよね。

特に、FWをあれだけ強くそして意思統一させた動きに海外から絶賛されています。

一説によると、大会後にニュージーランド協会が次期代表監督の1人に名前を挙げるなど、人気が急上昇していました。

日本ラグビー協会でも、次期日本代表HCについては、ジェイミー・ジョセフ以外の候補も挙げていたと聞いています。

しかし、10月末に、次期日本代表ヘッドコーチ(HC)の選考委員会を開き、複数名の候補から満場一致でジェイミー・ジョセフで一本化することを決定。

続投を目指し、交渉を続けてきた結果、次の4年間もジェイミー・ジョセフHCが日本で指揮したいと強い願いがあったそうです。

ジェイミー・ジョセフからのメッセージと今後の日本代表

早速ジェイミー・ジョセフから次のような心強いメッセージが届きました。

目標としていたベスト8を達成しましたが、その先を見据えると、まだまだやらなければならない課題があります。

私はもう一度、日本代表と一緒にチャレンジする道を選びました。

今まで以上にチームを強化していきたいと思います

2020年の日本代表は、7月に国内で強豪イングランドと2試合戦います。

そして、11月にはW杯で熱戦を繰り広げたアイルランド、スコットランドと欧州でそれぞれ対戦することが決まっています。

ジェイミー・ジョセフ以外のコーチ陣の去就について!

今回のラグビーW杯において日本のベスト8進出に大きく貢献したのはジェイミージョセフだけではありませんよね!

攻撃担当コーチのトニーブラウンさん(写真上段)

戦術に関しては世界一の頭脳とも言われています。

スクラムコーチの長谷川慎さん(写真下段)

長谷川慎さんは今回のベスト8進出の影の立役者と言われるほど、スクラム戦術では世界でも有数のコーチですよね。

この二人がジェイミージョセフの頭脳として強力な力を発揮しましたよね!

気になる二人の今後ですが、二人ともジェイミー・ジョセフがヘッドコーチである限り、力を合わせて頑張りたいとの気持ちが強いとの噂ですよ!

また、次の4年もこの3人で日本代表をベスト8以上に導いて欲しいですね!

スポンサーリンク

ジェイミー・ジョセフ続投決定まとめ

日本ラグビー協会が正式にジェイミー・ジョセフと契約を結びました。

去就が心配されていましたが、ホッとひと安心ですね。

ジェイミー・ジョセフを動かしたのは日本のファンの温かい声援があったのも一因のはずです。

日本ラグビー協会の森重隆会長は「ジョセフ氏の指導で日本代表がどこまで強くなるのか楽しみ。23年フランス大会では今大会以上の成績をあげるために、日本ラグビー協会はジョセフ氏を信頼し全面的にサポートしていく」と言っています。

トニーブラウンさんや長谷川慎さんもコーチを継続してくれたら、ホントにこれからも期待が持てますよね。

これからもラグビー日本代表から目が離せないですね!

【関連記事】ラグビー日本代表がパレードを来月11日丸の内で開催!おすすめの穴場はここ!  

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました