流行語年間大賞に「ONE TEAM」が決定!決定理由に納得!

スポーツ

その年話題となった新語・流行語を決定する年末恒例の『2019 ユーキャン新語・流行語大賞』が2日に発表され“年間大賞”にラグビーW杯日本大会のチームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が受賞しました。

あれだけ日本国民を熱狂させたのなら、文句なしの大賞受賞ですよね!

実は発表前に姫野和樹選手はインタビューで予言していたようですよ!

スポンサーリンク

改めてONE TEAM(ワンチーム)とは?

「4年に一度じゃない。一生に一度だ」

の公式キャッチフレーズで始まった2019日本大会は、日本代表が開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破。

予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めました。

「ONE TEAM」は、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHCが掲げたテーマ。

ジョセフHCはチームに必要な選手たちを国籍問わず31人を招集。

ダイバーシティとしても注目を集めましたよね。

どんな強豪チームでも選手たちの思い、心が一つにならなければチームとして機能しない。

7ヶ国15人の海外出身選手を含む31人はリーチ・マイケル主将を中心にONE TEAMとして結束。

見事に決勝トーナメントに進出しベスト8になりました。

大賞受賞の決定理由とは?

選定理由として次のように解説しています。

「日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売し、ラグビーを始める子どもたちも急増した」

スポンサーリンク

姫野和樹選手は発表当日のインタビューで大賞受賞を予言!

ラグビーW杯で一躍有名人になった姫野和樹選手。

姫野和樹選手の代名詞ジャッカルも流行語大賞にノミネートされていましたよね。

その姫野和樹選手が、今日12月2日、地元豊田警察署の1日署長を務めました。

その際のインタビューで姫野和樹選手が次のように予言していましたよ!

「僕はジャッカル入ってますけど、『ワンチーム』になってほしいなってすごい思います。『ワンチーム』で、やっぱりリーチさんが登壇するのが、チームメイトとしても嬉しいなってすごい思うんで」

さすが姫野和樹選手。

自分のジャッカルよりチームを優先させるなんて。

まさに、ワンチーム!

ラグビー人気はまだまだ続きそうですね!

年間大賞受賞おめでとうございます!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました