アフガンの日本人医師 中村哲さんを銃撃した犯人は?

ニュース

アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日、現地で医療支援などの活動を続ける日本人医師、中村哲さん(73)らが乗った車が武装勢力に襲撃されました。

ロイター通信などによると、中村さんは右胸に銃弾を受け、撃たれた直後は意識があったが、運ばれた病院で死亡されたそうです。

中村医師の功績~世界に誇れる日本人医師

中村さんはアフガン支援を行う非政府組織「ペシャワール会」(福岡市)の現地代表。

長年にわたる医療支援や灌漑(かんがい)事業の指導などで、2018年にはアフガン政府から勲章を授与。

さらに、今年10月には名誉市民権も授与されました。

まさに、アフガニスタンの復興に命を賭けた日本人医師でした。

犯人は?犯行声明は?

アフガニスタンの反政府勢力タリバンは4日、ツイッターで関与を否定しました。

「この組織(ペシャワール会)はわが国の建設に携わっており、タリバンと良好な関係を築いている。われわれの戦闘員の標的ではない」

では、どこの武装勢力に襲撃されたのでしょうか?

釈然としません。

ネットの声は?

ネットの声には中村医師の功績を讃える内容と死亡を悲しむ内容がほとんどでした。

 

アフガニスタンで日本人医師中村さん銃撃で死亡まとめ

銃撃された原因や犯人が分からない状態です。

日本人医師中村さんは間違いなくアフガニスタンの復興に命を賭けた日本人医師でした。

心からご冥福をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました