西谷監督の中田・浅村・森への名言とコメントがすごい!

高校野球

大阪桐蔭高校野球部監督である西谷浩一監督。

1998年(平成10年)秋から、大阪桐蔭高校野球部の監督になりました。

そこから、2018年夏まで、全国制覇7回、うち春夏連覇は2回達成。

甲子園通算成績は55勝9敗。

勝率は86%と驚異的です。

さらに、この10年で全国の高校の中でも最多の17人をプロに送り込んでいます。

もちろん、プロ野球だけではなく、東京や関西の有名大学への進学なども数知れず。

まさに、西谷監督なくして大阪桐蔭高校野球部なし。と言われる理由ですよね。

今回は、甲子園での活躍もさることながら、なぜ、大阪桐蔭高校野球部出身のプロ野球選手はプロの世界に入っても大活躍しているのでしょうか。

いろんな資料を読んでみると、西谷監督の名言とコメント、そして選手の今後を予言できるコメントにいきつきました。

今回は、中田翔(日ハム)、浅村栄斗(楽天)、森友哉(西武ライオンズ)の3名への名言、コメント、予言をご紹介します。 

スポンサーリンク

西谷監督の名言①中田翔へのコメント、予言がすごすぎる

まずは、現在日本ハム不動のバッターに成長した中田翔(日本ハム)へのコメントから紹介します。

大阪桐蔭高校入学の時点で「将来プロになれる」と直感したそうです。

理由は、投手としても打者としても、非凡なセンスを持っていたから。

そこから、中田は当時のエース候補の辻内崇伸(元巨人)と「ウサギとカメ」に例えられたそうです。

中田はウサギにたとえ松坂大輔レベルの本格派も夢ではなかいと思ったそうです。

しかし、中田は2年時に右肘を痛めて以来、球のキレが戻らず、プロでは打者で生きる道を選びました。

高校時代の打撃は「当たればホームラン」という大雑把なレベルだったそうです。

高校2年夏の甲子園では、早稲田実・斎藤佑樹(日本ハム)の巧さに翻弄されたのは有名な場面として、今でもVTRで流れますよね。

ただし、西谷監督は「ウサギが本気になったら違う」と、打者としても成功することを確信していたそうです。

ことあるごとに、中田のバッティングを誉め続けたそうです。

その結果、「スイッチが入った」中田は、「みんなに応援してもらえるスケールの大きな選手になってほしい」とプロ入りに際しての西谷監督の願いを見事実現していますね。

中田翔を、ウサギ、と称した西谷監督の名言、コメントそして、中田翔を予言する力はすごいですね。

西谷監督の名言②浅村栄斗へのコメント、予言が的を得ている

中田の1年後輩にあたる浅村栄斗(楽天)も、「甲子園で活躍しないとプロは厳しい」と西谷監督からことあるごとに指示を受けていたそうです。

大阪桐蔭高校の浅村と言えば、当時の関西地区では、そのバッティングセンスは多くの高校野球ファンには知られていたそうです。

ただし、全国区ではそこまで名を知らしめていなかったそうです。

だからこそ、西谷監督はそういう状況も把握していた上で、あえて、浅村に冒頭の言葉をコメントしたのではないでしょうか。

浅村は、見事にチームを牽引。2008年夏の甲子園では打率5割5分2厘、2本塁打と大活躍。

大阪桐蔭高校の日本一を手土産に同年のドラフトで西武へ見事に3位指名されました。

まさに、夢を実現しましたね。

プロ入りという目標に対しても、恩師である西谷監督のコメント、予言は確かでしたね。

スポンサーリンク

西谷監督の名言③森友哉へのコメント、予言が的を得ている

2019プロ野球ペナントレースもいよいよ大詰めですね。

その中で、パ・リーグの首位打者争いは、森友哉(西武)がトップ。

プロ6年目で初のタイトルに手が届くところまできてますね。

さらに、打点についても捕手としては、群を抜いている成績を残しています。

森といえば、大阪桐蔭高校時代から捕手としての能力はもとより、打撃センスの良さにも定評がありました。

甲子園での通算打率4割7分3厘は、あの伝説のPL学園・清原和博選手の4割4分を上回る数字です。

勝負強いですね。

その森とバッテリーを組み、2012年の春夏連覇を成し遂げた1年先輩の藤浪晋太郎(阪神)も、シート打撃などで対戦した森を、

「今まで見てきた中で、一番いいバッター」と絶賛。

そして、翌2013年のドラフトで森が西武に1位指名されたときの恩師・西谷浩一監督のコメントも実に素晴らしく、未来を予言していたかのようでした。

そのコメントがこちら。

「1球で仕留める力やミート力は、私が教えたなかで、森がナンバーワン。

体は小さいけど、存在感の大きな選手になって、体格は小柄でも、プロで活躍できることを証明してほしい」

どうですか!

まさに今の森の姿そのものですよね。

当時の森は、身長168センチぐらいだったそうです。

大柄な選手が圧倒的に多いプロで輝かしい実績を挙げるには、かなりのハンデでした。

しかし、西谷監督は森がそれを克服してプロで大きくはばたくことを願い、「彼ならできる」と確信していたようです。

小さくてもやれることを立派に証明した今季の活躍ぶりは素晴らしいですね。

本人の努力はもちろんです。

そんな野球に対する真摯な姿勢をも含めた恩師西谷監督の名言・コメントは、「的を得て、未来を予言している」しが浮かばないですよね。 

西谷監督の名言、コメントまとめ

上手な選手ばかりを集めたら強豪校になれるというのは、絶対にありませんよね。

そこには、必ず、名指導者の存在がありますね。

西谷監督はまさに、選手を育てる力、指導する力がその選手ひとりひとりに的確なのではないでしょうか。

高校野球だけで、人生は終わりませんよね。

その次のステージを見越した、西谷監督の選手へのコメントが素晴らしいです。

改めて、今後も西谷監督にそして、名言、コメント、予言に注目ですね。

【関連記事】西谷監督の藤浪&根尾世代への名言がすごい!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました