40代におすすめの化粧品は?

美容

お肌が同じ状態をキープできるのなら、いくつになってもみずみずしく、保湿力があり、潤いのあるお肌でいたいですよね。

しかし40代になるとお肌のコンディションを左右する女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が低下していきます。

いわゆる保湿力の低下です。

さらにはお肌に潤いを与えてくれる皮脂の分泌量も減少するといわれていて、40代のお肌は20代、30代の時に比べると乾燥しがちです。

そこで、40代に入ったら、変化したお肌に合わせて化粧水を選ぶことも必要です。
 
ここでは、40代におすすの化粧水、なかでも、保湿力にこだわった成分についてご紹介します。
 
年齢とともにお肌は乾燥します。
理由は減少する女性ホルモン分泌量の影響で、お肌の水分量と皮脂量も低下するためだそうです。
 
このお肌の乾燥を防ぐためにも、40代のお肌にはより保湿力の高い化粧水が必要ですね。
 
化粧水選びで欠かせないのが成分チェック。
 
ここでは40代の美肌作りに役立ってくれる保湿力をアップさせる成分とプラスアルファをもたらしてくれる成分も合わせて紹介していきます。

保湿力アップには セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンは、高い保湿力をもつ成分で、お肌の乾燥だけではなく小じわにも効果的と言われています。
 
お肌のしっとり感を高め、保湿力をアップさせるには、これらの成分をベースとした化粧水が有効です。
 
化粧水をつけても、お肌がカサカサしているように感じるという方は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンが配合されている化粧水を選ぶとよいそうですよ。

「ビタミンC誘導体」入りのものなら保湿力プラス アンチエイジング・美肌作りにも効果的

40代のお肌の悩みの代表格「シワやくすみ」。
 
その原因となるメラニンの生成を抑えることで知られるビタミンCは、とても壊れやすい成分で、そのまま化粧品に配合したとしてもその効果を得ることは難しいといわれています。
 
ビタミンC誘導体は、このビタミンCがお肌へきちんと浸透するようにと改善されたものです。
メラニンの生成を抑える以外にも、ビタミンC誘導体は加齢と共に乱れがちなお肌の新陳代謝であるターンオーバーを整えてくれ、アンチエイジングにも効果的です。
保湿力プラスアルファの効果も期待できますね。
 
この他、抗酸化作用・美白効果、シワや毛穴の開き、ほうれい線の予防など、美肌作りに嬉しい効果をもらたしてくれます。
ただし、ビタミンC誘導体は乾燥肌や敏感肌の方は合わない場合もあるので使用する際には注意が必要ですね。

保湿力プラス美白効果の高い「プラセンタエキス」入りも効果的

プラセンタエキスの「プラセンタ」とは日本国内では主に馬・豚・植物由来のものが使用されています。
 
プラセンタにはお肌の角質細胞やセラミドの生成を促す働きがあり、お肌の乾燥を防いだり、潤いをアップしてくれます。
保湿力を高める効果が抜群ですね。
 
また、毛穴やニキビの改善、エイジングケアにも一役買ってくれます。たくさんの美肌効果があるのが嬉しいですよね。
さらに、プラセンタエキスが配合された化粧水を毎日使用続けることで、美白効果も得ることができるといわれています。
 
また、プラセンタエキスのすごい点は、美肌効果だけではありません。免疫力の向上やホルモンバランスをコントロールする働き、抗炎症作用や活性化酸素除去など身体にとっても良い効果をもたらすことで知られていますね。

アルコールを含まないものをチョイスすることも保湿力アップ

化粧水に含まれるアルコールは「エタノール」のことですよね。
 
この、エタノールは化粧水だけでなく、安全性が高く、殺菌・洗浄効果もあることから、消毒剤や防腐剤にも使用されています。
 
エタノールはサラッとしていてつけ心地もよいたも、多くの化粧水に使用されている成分になります。
 
エタノールは引き締め効果もあり、使い心地の良いものです。
 
しかし、その反面、お肌への刺激が強いため、お肌のバリアが低下してしまう40代のお肌にはダメージが大きいともいわれています。
 
そのため、化粧水を選ぶ際にはできるだけエタノールを含んでいない「ノンアルコール化粧水」にしてみるのも保湿力を高めることには、大切なことになりますね。
スポンサーリンク

40代化粧水の選び方は保湿力まとめ

いかがでしたか?
保湿力を保ちかつアップさせるには、日々のケアも大事ですが、成分についてもしっかり勉強しておくことも大切なことですね。
 
自分のお肌とも相談して、お肌に合う成分の化粧水を選んでいきましょう。
 
 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました