人生の楽園 静岡・御前崎市のかつお(鰹)節が凄い!おすすめ料理も紹介

情報

人生の楽園。

2019年9月21日土曜日放送分は静岡県御前崎市が舞台です。

御前崎市は、およそ200年前、明治の初めから鰹(かつお)の町として発展してきた漁師町です。

今回の主役は、この御前崎で、5年前から「手火山式(てびやましき)」と呼ばれている伝統的なかつお節作りを始めた新米職人、澤入広美さん(59歳)と澤入登代子さん(59歳)のご夫婦です。

澤入ご夫婦が、かつお節作りを決意した理由とは

澤入ご夫婦です。

2人兄弟の次男として生まれた広美さん。

幼い頃から釣り好きで、高校卒業後、調理師の道へ進みます。

ホテルで働き始めた広美さんは、23歳の時、登代子さんと出会い、結婚します。

広美さんはその後、農協に転職し、3人の子どもを育てました。

ところが、広美さんが54歳の夏に父の隆司さんが大動脈瘤で入院。

広美さんは「かつお(鰹)がさばけるのは自分しかいない。日本に数軒しかない手火山(てびやま)式のかつお節を残したい」と強く思い、両親が残してくれたマルミツ鰹(かつお)節店を継ぐことを決意します。

そして2014年、広美さんは農協を早期退職し、かつお節職人として新たな人生を歩み始めることになりました。

人生の楽園 ご両親から受け継いだ「手火山式(てびやましき)」かつお節作りとは?ふるさと納税返礼品としても有名

広美さんが受け継いだのは、江戸時代から続く手火山式(てびやましき)という鰹(かつお)節作り。

実際の手火山式(てびやましき)かつお節がこちらです。

かつおを燻す火を職人の手で調整する方法で、完成までおよそ半年間を費やします。

手火山式(てびやましき)の鰹(かつお)節は香りが強いのが特徴で、雑味も少ないとのこと。

昭和の中ごろまで地元に50軒ほどあった鰹節工場も後継者不足で、現在はわずか数軒しか残っていないとのこと。

そんな手火山式(てびやましき)の鰹節を若い世代に広めたいと考えた広美さん。

香りを長持ちさせる新しい商品を開発。

地元のお店マルミツ鰹節店(マルミツ鰹節海産)で販売しています。

マルミツ鰹節店は、ふるさと納税の返礼品としても選ばれています。

【ふるさと納税リンクはこちら】

350年以上の歴史を持つ「手火山製法」が御前崎地域に伝わったのは、約200年前。

志摩の国(三重県鳥羽市周辺地域)の山際初次郎から鰹節の製造方法を伝授。

以来、鰹節作りが御前崎の基幹産業となりました。

しかし、こだわりの製法は手間と時間が掛かり、今、この御前崎地域で伝統技術を受け継いでいるものはほんの数名の職人のみとなっています。

原料は生の近海かつおにこだわり、御前崎港で水揚げされたかつおを使用しています。

セイロにおいて、薪の種類、薪の焚き方、時間、空気量、湿度等を長年の勘と経験で調整しながら、「焙乾」(直火で燻し乾燥させること)を繰り返し、風味と薫りをじっくりと熟成させます。

その後、天日干しとカビ付けを繰り返し、ようやく完成。

手火山製法は、手間と時間、経験と技を必要とする製法なのだそうです。

広美さんも何度も何度も失敗を繰り返し現在に至ったそうです。

伝統的な手法は後々まで大切にのこしたいですよね。

スポンサーリンク

手火山式(てびやましき)かつお節を使った御前崎郷土料理「冷やし味噌汁」 さらに卵かけご飯にも手火山式(てびやましき)かつお節?!

かつお節を使った郷土料理をご紹介します。

ふるさとのうすじ郷土料理は、かつおのたたき、梅干し、玉ねぎ、味噌などを氷水に入れて食べる「冷やし味噌汁」と呼ばれている料理です。

混ぜると氷と器がぶつかる音が「ガワガワ」と聞こえることから、「ガワ」と呼ばれています。

その他には、おすすめとして、卵かけご飯にこの手火山式(てびやましき)かつお節を入れて食べると絶品だそうですよ。

人生の楽園 静岡県御前崎のかつお節まとめ

静岡県御前崎のかつお節に、こんな歴史があるなんて恥ずかしながら初めて知りました。

それを支える澤入ご夫婦の手火山式(てびやましき)かつお節への熱い思い。

そして澤入夫婦を支える仕事仲間や家族の存在。

こんな素晴らしい環境で暮らすことが出来て最高ですね。

まさに、人生の楽園ですね。

【マルミツ鰹節店(マルミツ鰹節海産)住所】

〇静岡県御前崎市4560

〇電話:0548-63-2154

 

スポンサーリンク
【ひと足早くおせちはいかが?】

タイトルとURLをコピーしました