横浜市磯子区で水道管破裂!道路冠水し断水に!原因は地震?

未分類

神奈川・横浜市で1月9日午後、水道管が破裂して水があふれだし、周辺の道路が冠水しました。

その影響で周辺の3万戸が断水となっています。

水道管破裂の原因は何だったのでしょうか?

復旧はいつなのでしょうか?

スポンサーリンク

水道管破裂の原因は?

午後2時半ごろ、横浜市磯子区磯子で、「道路が水浸しになっている」と119番通報がありました。

警察によると、道路の下の水道管が破裂し、道路が冠水したという。

午後4時50分現在、水の漏水は止まったが、周辺のおよそ3万戸で断水や水の濁りが発生していて、復旧するめどは立っていないそうです。

水道管破裂の原因ですが、水道管の劣化が最も多いそうです。

水道管はおよそ10年から15年で劣化していつ破裂してもおかしくないそうです。

横浜市のような大都市では、なかなか、水道管などのインフラは予算が回らないそうです。

従って、ある場所の水道管が破裂しても本管と呼ばれる根っこの水道管を交換することは予算上難しいようです。

もう一つの原因が地震により水道管に亀裂が入り劣化とともに破裂。

最近関東地方では地震が相次いで起きてます。

しかも、伊豆沖では断続的に地震が多発している状況。

磯子区は三浦半島で一番危険な武山断層帯の影響をモロに受けると言われています。

最近の地震の多さで水道管が劣化してきているかもしれません。

地震が原因で水道管破裂の可能性もありますね。

恐いです。

スポンサーリンク

磯子区で水道管破裂し断水!まとめ

水道管破裂の原因が水道管の劣化であれ地震であれ、大惨事と重ならずに起きたことは不幸中の幸いでした。

まだ、間に合いますね。

今回の原因をしっかり解明してインフラ整備を速く進めて欲しいと思います。

しかし、地震の影響が、このようなインフラを脅かしているのは恐いです。

備えあれば憂いなしですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました