早大が11季ぶりにラグビー大学選手権優勝!明大破る!

スポーツ

ラグビーの第56回全国大学選手権大会決勝が1月11日、東京・国立競技場でありました。

早稲田大学が45-35で明治大学を下し、11季ぶり16度目の優勝を飾りました。

スポンサーリンク

新国立競技場は超満員

23季ぶりの決勝での早明対決に新国立競技場は超満員の5万7千人が詰めかけました。

ラグビーでは初めての国立競技場での試合。

昨年からのラグビーW杯ブームに乗る形で、大学選手権も人気カードの早明戦となりました。

試合経過

先手を取ったのは早大。

前半9分にPGを決めると、12分にナンバー8丸尾がトライ。

その後も3トライなどを加え、前半を31―0で折り返します。

明治は早稲田の固いFW陣にいつもの攻撃が出来ないまま前半が終了します。

後半は一転して点の取り合いに。

明大はWTB山村のトライで反撃を開始すると、ロック箸本、SO山沢らもトライを加えるなど計5トライを返します。

しかし、前半の大量失点が響き、後半にも早大が2トライを加え、見事早大が優勝しました。

おめでとうございます!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました