2020年花粉の飛散開始時期が判明!あなたの地域はいつ?

情報

2020年も花粉の季節が近づいてきました。

今年も花粉の飛散時期と飛散量が判明しました。

皆さんお住まいの地域はいつから花粉が飛散開始するのでしょうか?

調べました。

スポンサーリンク

スギ花粉の飛散時期

スギ花粉の飛散開始は、九州から東北まで例年並みの予想です。

福岡…2月10日

高松…2月15日 

広島…2月17日

大阪…2月24日

名古屋…2月21日

東京…2月10日

金沢…2月22日

仙台…2月25日

新潟…3月1日

秋田…3月9日

2020年1月は全国的に気温が平年並みか高くなる予想。

2月は西日本、東日本、北日本ともに、ほぼ平年並みの気温となる見込み。

冬らしい寒さがくることで、スギも順調に飛散する時期を感じ始めるとのこと。

従って、スギ花粉の飛散開始は各地で例年並みとなる見通しとのこと。

なお、注意しておきたいのは、スギ花粉は、飛散開始前から、少量が飛び始めるそうです。

従って、福岡や東京といった2月10日に花粉の飛散開始が予想される地域は、遅くとも1月最終週のうちから花粉対策を始めるべきとのことです。

花粉飛散量の予想【スギとヒノキ】

2020年春の花粉飛散予測は、九州から関東甲信まで例年より少ない見込み。

特に、九州は非常に少なく、中国や近畿でも非常に少ない所がある予想です。

東北はおおむね例年並み。

北海道はやや多い予想です。

全国的に例年に比べて飛散量が少ないのは花芽調査と呼ばれる独特の調査結果から得られたものです。

花芽調査によると、東京や関西地区で昨年の夏に形成された花芽が例年よりも少なかったとのこと。

花芽が少ない=花粉飛散量が少ないと考えられています。

スポンサーリンク

花粉の飛散開始時期判明まとめ

花粉の飛散は例年通り2月10日頃から始まる予想。

飛散量は、例年よりかなり少ないとの予想。

ただし、花粉がゼロになることはないので、マスクや目薬、飲み薬などは欠かせないですね。

花粉症になってからマスクや薬を飲んでも遅いとのこと。

従って、花粉症にかかることを前提にするのではなく、1月最終週のうちからマスクなどで予防していくと春以降大きく症状に違いがあるそうですよ。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました