春の選抜高校野球2020の出場校を大胆予測!32校はこの高校!?

高校野球

球春到来!

いよいよ、今週1月24日(金)に第92回選抜高等学校野球大会の出場校32校が決定します。

ワクワクしますね。

今日は、出場校の決定条件と各地区の候補になっている高校を紹介します。

合わせて、どこの高校が選抜されるかも予想してみます。

スポンサーリンク

今年の選抜日程について

・日程:令和2年3月19日(木)~3月31日(火)

・会場:阪神甲子園球場

・組み合わせ抽選会:令和2年3月13日(金)

・出場校:32校

 内訳
  一般選考28(各地区大会)
  神宮大会枠1(神宮大会優勝地区)
  21世紀枠3(全国)

・出場校決定日:令和2年1月24日(金)

出場校予想

一般選考28校候補高校

【北海道地区:1枠】

北海道地区は例年秋季北海道大会優勝高校が選抜されています。

・白樺学園:秋季北海道大会優勝

北海道地区は白樺学園が有力

【東北地区:2枠】
東北地区は例年秋季東北大会の優勝校と準優勝校が選抜されています。

・仙台育英(宮城):秋季東北大会優勝
・鶴岡東(山形):秋季東北大会準優勝
・盛岡大付(岩手):秋季東北大会ベスト4、準決勝で仙台育英にコールド負)
・仙台城南(宮城):秋季東北大会ベスト4、準決勝で鶴岡東にコールド負)
2校の枠だと、優勝した仙台育英と準優勝の鶴岡東が選抜有力です。

【関東・東京地区:6枠】

関東・東京地区は6枠をめぐり、東京都大会からと関東大会の2大会から6校選抜されます。

通常ですと、東京都大会優勝高校1校、関東大会から5校となります。

地域性やベスト8での戦い方によって毎年関東大会の5校目が注目されています。

さらに、稀に、東京都大会から2校、関東大会から4校の年もあるので、さらに様々な議論が出てきています。

〇東京都大会候補2校

・国士舘:東京都大会優勝

・帝京:東京都大会準優勝

〇関東大会候補8校

・健大高崎(群馬)関東大会優勝

・山梨学院(山梨)関東大会準優勝
・東海大相模(神奈川)関東大会ベスト4
・桐生第一(群馬)関東大会ベスト4
・花咲徳栄(埼玉)関東大会ベスト8、準々決勝接戦かつ埼玉県大会で西武台に勝利し優勝)
・西武台(埼玉)関東大会ベスト8準々決勝で優勝校の健大高崎と接戦)
・習志野(千葉)関東大会ベスト8、準々決勝で大敗)
・桐光学園(神奈川)関東大会ベスト8、準々決勝で大敗)
順当なら東京からは国士舘。

関東からは、健大高崎、山梨学院、東海大相模、桐生第一。

上記5校は選抜有力。

問題はあと1校です。

例年ですと、関東大会ベスト8の中から対戦相手などとの結果や地域性を考慮して選抜されます。

例えば、今年で言うと、埼玉代表の花咲徳栄と西武台は関東大会準決勝でともに接戦を繰り広げています。

中でも西武台は埼玉県大会は準優勝ながらも、関東大会では優勝した健大高崎にサヨナラ負けという結果でした。

ちなみに、健大高崎は決勝戦は3対0で優勝しましたが、準決勝の西武台とは3対2のサヨナラ勝ちでした。

さらに言うと、ベスト4の東海大相模との準決勝では、8対2と圧勝しています。

となると、優勝した健大高崎を基準にすると、準優勝した山梨学院やベスト4の東海大相模より西武台の方が接戦した分、評価は高いと考えることができます。

健大高崎は明治神宮大会でも全国で準優勝しています。

さらに、厄介なのは、東京都大会で準優勝の帝京高校です。

最近帝京高校は甲子園出場から遠ざかっています。

話題性ということでは、帝京高校の逆転選抜も十分あるような気がしてなりません。

実力的にも帝京高校は東京都大会で関東一高と日大三高を破っていることもプラス材料かと思っています。

よって、関東地区・東京地区の最後の椅子は帝京高校が選抜されると予想します。

【東海地区:2枠プラス明治神宮大会優勝枠1校の計3校】

・中京大中京(愛知)東海大会優勝かつ明治神宮大会優勝

・県岐阜商(岐阜)東海大会準優勝
・加藤学園(静岡)東海大会ベスト4、東海大会で県岐阜商と接戦)
・藤枝明誠(静岡)東海大会ベスト4、東海大会で中京大中京にコールド負)
東海地区は、東海大会優勝の中京大中京が明治神宮大会も優勝。

従って、中京大中京は自動的に選抜有力。

東海地区2校は中京大中京を除いて、2校選抜されます。

そうなると、東海大会準優勝の県岐阜商業は選抜有力。

残る1枠を静岡県同士の加藤学園と藤枝明誠が争うことになりますが、東海大会で準優勝の県岐阜商業と接戦をした加藤学園が選抜有力と見ています。

【北信越地区:2枠】

・星稜(石川)北信越大会優勝
・日本航空石川(石川)北信越大会準優勝)
・佐久長聖(長野)北信越大会ベスト4
・北越(新潟)北信越大会ベスト4

北信越は枠が2校なので、ここは順当に北信越大会優勝の星稜と準優勝の日本航空石川の石川県勢2校が選抜有力。

【近畿地区:6枠】

・天理(奈良)近畿大会優勝
・大阪桐蔭(大阪)近畿大会準優勝
・履正社(大阪)近畿大会ベスト4
・智弁学園(奈良)近畿大会ベスト4
・明石商(兵庫)近畿大会ベスト8、 準々決勝で大阪桐蔭と接戦
・ 智弁和歌山(和歌山)近畿大会ベスト8、準々決勝で智弁学園と接戦
・奈良大附(奈良)近畿大会ベスト8、準々決勝でコールド負
・京都翔英(京都)近畿大会ベスト8、準々決勝でコールド負
近畿地区からは6枠。

従って近畿大会ベスト4以上の4校、天理、大阪桐蔭、履正社、智弁学園は選抜有力。

残り2校を近畿大会ベスト8のチームで争うことになります。

地域性ならびに近畿大会の戦い方を比較すると、兵庫の明石商業と和歌山の智弁和歌山の2校が選抜有力と見ています。

【中国地区・四国地区:5枠】

・倉敷商(岡山)中国大会優勝

・鳥取城北(鳥取)中国大会準優勝
・広島新庄(広島)中国大会ベスト4、準決勝で倉敷商と接戦

・創志学園(岡山)中国大会ベスト4、準決勝で鳥取城北にコールド負

・明徳義塾(高知)四国大会優勝
・尽誠学園(香川)四国大会準優勝
・高知中央(高知)四国大会ベスト4、高校県大会で明徳義塾に勝利
・岡豊(高知)四国大会ベスト4、高知県大会で高知中央に敗戦
まず、中国地区優勝の倉敷商、準優勝の鳥取城北、四国地区優勝の明徳義塾と準優勝の尽誠学園の4校は選抜有力。

残り1枠が中国地区か四国地区どちらから選抜されるかも地域性や試合内容が重要になっていきます。

地域性では広島から選抜される可能性が高いです。

ただし、中国大会優勝の倉敷商は明治神宮大会で1回戦負け。

四国大会優勝の明徳義塾は1回戦で優勝候補の星稜に勝利。

2回戦で、優勝した中京大中京に負けています。

中国地区と四国地区では四国の方がレベルが上と考えることができますね。

そうなると、四国大会ベスト4の高知中央は高知県大会で明徳義塾に勝っていますので、選抜有力と見ています。

【九州・沖縄地区:4枠】

・明豊(大分)九州大会優勝
・大分商(大分)九州大会準優勝)
・創成館(長崎)九州大会ベスト4
・鹿児島城西(鹿児島)九州大会ベスト4
九州・沖縄地区は枠が4校なので、上記4校で選抜有力ですね。

21世紀枠・候補校

21世紀枠:3枠

帯広農(北海道)

磐城(福島)

宇都宮(栃木)

近大高専(三重)

敦賀(福井)

伊香(滋賀)

平田(島根)

城東(徳島)

本部(沖縄)
候補は上記9校になります。

21世紀枠についても、地域性や地方大会の戦い方、そして社会貢献活動なども加味されて選抜されます。

それを踏まえると今年は

磐城(福島)、敦賀(福井)、本部(沖縄)の3校の選抜が有力と見ています。

スポンサーリンク

選抜高校野球代表予想まとめ

長くなりましたが、地区大会の結果と21世紀枠からの推薦を含めた32校を予測してみました。

あっと驚く結果となるのが毎年の選抜結果ですよね。

発表日の1月24日(金)が待ち遠しいですね。

32校決定次第更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました