2020年土用の丑の日はいつ?

土用の丑の日。
この日になると何故かうなぎが食べたくなりますよね。

この土用の丑の日。

毎年、日にちが異なっていることは知っていましたか?

今回は、2020年の土用の丑の日の日にちと土用の丑の日の意味やうなぎを食べる由来を調べてみました。

スポンサーリンク

2020年の土用の丑の日はいつ?

2020年の土用の丑の日は二日間あります。

①2020年7月21日(火)→一の丑

②2020年8月2日(月)→二の丑

なぜ2020年は二日間あるのでしょうか?

土用の丑の日の【土】の意味は?

土用の丑の日の「土」は、中国の五行説が起源。

そして、火・水・木・金・土の5つの元素を次のように1年間の季節に当てはめることをしていました。

・春→木・夏→火・秋→金・冬→水
・立春、立夏、立秋、立冬の前約18日間→【土】

季節の変わり目である【土】の期間は気温の変化が激しいですよね。

従って古来中国では、邪気が入りやすいと言われていました。

そのため、無事に過ごせるようにと様々な風習が生まれました。

土用の丑の日の【丑】の意味は?

 

土用の丑の日の【丑】は十二支である、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の1つです。

日本では、昔から年だけでなく日や時間にも干支を割り当て、五行説の「木・火・金・水・土」と組み合わせて使っていました。

中でも、土用の丑の日は土用期間である約18日間の中の丑の日のことです。

従って、干支が12種類で土用が約18日間とそれぞれの数が異なります。異なる年になると土用の丑の日は2回あることになります。

この場合、1回目を「一の丑」、2回目を「二の丑」といいます。

2020年は丁度一の丑と二の丑の二日間ある年になっています。

その結果、2020年は7月21日(火)と8月2日(月)になります。

なぜ、うなぎを食べるの?

夏の変化の時期である【土用】には様々な風習がありました。

うなぎを食べるのは二つの理由があると言われています。

①「う」の字がつく物を食べる説

「丑の日に「う」の字がつく物を食べると夏バテしない」という説があるそうです。
中でも、うなぎは栄養豊富のため、昔からスタミナをつける食べ物として重宝されていたそうです。

②【土用】の【土】の気を補う水の気=黒い物を食べる説

古来から土用という意味は土に感謝する期間。

牛(水牛)は田畑を耕すために水牛を使用していた。

丑の日は水牛を休ませる日という意味があったそうです。

従って、土用の丑の日は田畑に感謝し牛を休ませ、土と牛にちなんで黒い物を食べる風習があったそうです。

黒くてスタミナ豊富から、うなぎを食べるようになったそうです。

五行説では、夏(火)から秋(金)へ変化する経過時期である土用(土)に、水の気に当たる黒い物を食べることで躰が気候の変化に対応でき、長生きできると言われています。

スポンサーリンク

2020年の土用の丑の日はいつ?まとめ

何気なく、2020年の土用の丑の日がいつなのかを調べていたら、いろんな由来が分かりました。

うなぎは、古来から伝わるスタミナ豊富で邪気を取り払う食べ物として重宝されていたのですね。

2020年の土用の丑の日は

7月21日(火)と8月2日(月)の二日間になります。

ちなみに東京五輪は7月24日(金)から8月9日(日)までですね。

二の丑の8月2日は東京五輪と重なっていますね。

東京五輪の応援のためにもうなぎを食べてスタミナつけましょう!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました