西武パ・リーグ2連覇!辻監督の魅了は?

プロ野球

◆ロッテ4―12西武(24日、ZOZOマリンスタジアム)
 パ・リーグ首位の西武がロッテに勝ち、2位ソフトバンクが楽天に敗れたため、西武の2年連続23度目となるリーグ優勝が決まりました。

スポンサーリンク

辻監督優勝までの道のり

今季の西武は8月30日に首位ソフトバンクに1ゲーム差と詰め寄ってからマッチレース状態。

9月15日に首位に立ってからは一度も2位に落ちることなく追撃するソフトバンクを振り切りました。

歴史的な優秀争いは、西武が1試合、ソフトバンクが2試合を残し、ようやく決着が付きました。

と同時にパ・リーグ6球団の順位が同時に決まる珍事にもなりました。

今季は開幕カードでソフトバンクに3連敗。

7月には首位ソフトバンクと今季8・5ゲーム差をつけられ、最大初めて首位に立ったのは130試合目の9月11日。

マジック「9」が初めて点灯したのも134試合目の同15日と、苦しみ成長を続けながらつかんだ優勝です。

辻監督の絶妙な采配がズバリ!

辻監督の絶妙な采配でチームは徐々に調子を上げていきました。

今季は昨季のキャプテンだった3番・浅村が抜けたことで開幕当初は1番に金子侑、3番に秋山を起用していました。

しかし、5月からは不調の秋山を定位置の1番に戻して、本来の力を発揮し始めます。

二塁には外野がメインだった外崎を起用。

さらに不動の4番だった山川も8月からは6、7番を打って、4番には中村を抜擢します。

7月まで5番だった森も、8月からは3番。

シーズンを進めながら、ベストな布陣を探っていきました。

森の成長、中村の復活は浅村の穴を埋めました。

いや、それ以上の活躍のですね。

また、森、山川、中村の100打点トリオも誕生。

秋山、外崎、源田、栗山らは期待通りの活躍を見せ、木村や金子侑もしっかりチームを支えます。

終盤は、代打メヒアの存在も心強かったですね。

投手陣は新外国人のニールが開幕直後こそ苦しみます。

しかし、先発ローテに戻った6月以降は、先発した13試合で全てチームを勝利に導き、ローテの柱となりました。

高橋光は初の2ケタ勝利。

今井、松本航、本田らも先発として成長した姿を見せてくれました。

圧巻はリリーフエース・平井の存在。

半分以上の試合に登板して、パリーグ新記録となる登板数を記録。

守護神・増田は防御率1点台と安定感を見せました。

そして、小川や佐野といった救援左腕も頑張りました。

 8月はじめには金子侑、源田、中村、岡田と4日連続で故障者が出るなど、苦しい台所事情となったこともありました。

そんな時こそ、チーム一丸で乗り越えて、終盤で一気にソフトバンクを追い越していきました。

辻監督の試行錯誤しながらの、選手のコンディションの把握や、大胆な起用が見事に数字に表れていますね。

就任3年間で2位、1位、1位と黄金時代になりますね。

山賊打線を支えた辻監督の采配は【明るさ】

西武の連覇を陰で支えた「参謀」馬場敏史作戦兼守備走塁コーチが、辻監督の横顔を明かしました。互いに現役の97年ヤクルト時代から、22年来の付き合いです。

引退後は別球団でキャリアを積み、17年からタッグを組む仲です。

辻監督の性格について「明るいですよ、とにかく」とコメント。

まさに“とにかく明るい山賊”の象徴的存在の辻監督。

「監督からコミュニケーションをとってくれるんで、選手はすごくありがたいと思います。

監督と選手と言えば普通は壁があるけど、監督は自分からバカを言ったりしてくれますから」

試合前の練習に、その一端が。

前日に結果を残せなかった選手に、気さくに声をかけつつ適切なアドバイスを送る。

優勝目前の22日には、前夜の楽天戦でリリーフに失敗した平井に「死にそうな顔してんじゃないよ!」と笑顔でいじる一幕もあったそうです。

明るさの一方で「怒るときはコーチ陣に怒ります。

選手には怒らない。

本人が1番悪いと思ってますから輪を掛けて言う必要はない。

落ち込んでるところを監督がうまいことフォローするんです」

と明かす。

西武でのタッグ3年目。

指揮官のスタイルは全く変わらない。

ガーッと言っても、しゅんとなる子は最近多いし。

うちはもうイケイケという感じ。

明るいムードを作り、豪快な山賊の持ち味を引き出す。
常に明るい辻監督だけに、昨年CSファイナルステージで敗れて見せた涙は印象的だった。

「見たことなかった。初めてじゃないかな。引退試合でも泣かなかったと思いますし」。

悔し涙から始まった連覇への道。

ペナントレースは見事に結実しましたね。

スポンサーリンク

辻監督采配まとめ

とにかく明るくをモットーに選手の個性を大事に育ててきた辻監督。

選手を信じて起用し、それに応えた選手達。

そして、コーチ陣とのコミュニケーションを大切にしてのゲームプラン。

まさに、新黄金時代到来ですね!

私が少年時代に初めてサインを貰ったのが、辻監督です!

優勝本当におめでとうございます!

この勢いでクライマックスシリーズ&日本シリーズも勝ちきりましょう!

【関連記事】西武ライオンズ優勝の要因は育成とベテランの融合にある!

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました