群馬のスキー場で男子中学生が雪山で生き延びた方法がヤバイ!?

ニュース

群馬県みなかみ町にあるスキー場のコース外でスノーボードをしていて行方が分からなくなっていた男子中学生(15)=千葉県浦安市=が2月12日午後無事に見つかったそうです。

行方不明になって捜索中止となる中、男子中学生はどうやって一夜を過ごしたのでしょうか?

一命を取り留めたその方法に驚きと感動とすごい生命力を感じました。

スポンサーリンク

雪山でどうやって過ごした?

遭難経緯と捜索状況

群馬県警沼田署によると中学生は2月11日、父親(47)とともに谷川岳天神平スキー場のコース外でスノーボードをしていたそうです。

そんな中、午前11時ごろ、先に滑降した父親が谷川岳ロープウェイの天神平駅付近で待っていたが、中学生は戻ってきませんでした。

持っていた携帯電話は圏外で、トランシーバーもつながらなくなっていたそうです。
心配した父親は午後0時45分ごろ、交番に通報。

県警や消防などは午後7時頃まで捜索したが、中学生は見つからず、止むなくいったん打ち切りに。

翌12日は午前7時から捜索を再開。スキー場と反対側の尾根で捜索に参加していた人がスノーボードの板を見つけ、足跡などを追っていたところ、自力で下山していた中学生を発見したそうです。

目立った怪我もなかったとのこと。

奇跡です。

一命を取り留めた方法は?

行方不明になった当時、付近は時折吹雪になるなど視界が悪く、中学生は方向を見失ってしまったそうです。

しかし、遭難しても慌てなかった中学生。

食料は、何か起きたときに困らないようにチョコレートをいつも持ち歩いていたようです。

この常備食が中学生に体力を与えたのでしょう。

さらに、この中学生は寒さを防ぐため、そして吹雪から身を守るために、雪に穴を掘って一夜を過ごしたそうです。

これは、熊などが冬眠するときに寒さや外敵から身を守るときにとる方法だそうです。

また、標高何千メートルを目指す登山家などは、雪に穴を掘って一夜を過ごすこともあるそうです。

したがって、雪に穴を掘って過ごす方法は、ベテランの登山家なら思い浮かべる方法だと思います。

しかし、今回は15歳の男子中学生です。

このとっさの行動はどこで身につけたのでしょうか。

チョコレートで体力を維持し、雪に穴を掘って寒さと吹雪から身を守る。

凄いのひと言です。

コース外の危険な場所でスノーボードをすること自体がいけないことであると思います。

でも、それを差し置いても無事で何よりでした。

ネットの声

〇雪洞を掘って寒さをしのいだのですね。どこで得た知識か分かりませんが、無事に救出されて良かった。現地の気象状況は分かりませんが、吹雪いていなかったのでしょう。
れからはゲレンデで楽しむことです。

〇ニュースを知った時、最初は正直生存は厳しいかなと思いました。だけど、トランシーバーを持ってると知って、緊急時の対応法など、それなりの装備や知識を持った親子さんな可能性も少しはあるかなと思い、気になってました。助かって本当に良かったです。中学生なのに一人で雪に穴を掘って難をしのいだサバイバー。確かに親子ともども周囲に迷惑をかけてしまったのはどうかと思いますが、この年にして学ぶことは大きかったと思います。

〇ビバークする技術を知ってたんだね。素晴らしい、この歳で。助かってなにより。賛否両論あるかもしれませんが、よしとしましょう。

〇よかったですね。
雪穴掘って凌ぐってスゴい判断でしたね。でも、本来認められていないバックカントリーで大迷惑をかけた、というのは肝に命じておいてほしい。最悪の結果でも自業自得だから。

〇むかし、雪洞でビバークしましたが、火の気のないテントより
睡眠とれました。彷徨することなく、賢明でしたね。1度は失いそうになった命ですから、自分だけでなく、周囲の人たちをも幸せにできる大人になってね!

群馬のスキー場で不明の男子中学生を発見 !雪山で生き延びた方法とは?まとめ

ネットの声にもあるように、コース外で親子がルールを守らずにスノーボードをしていたのは非難されてしかるべきですね。

しかし、15歳の男子中学生が悪天候の雪山で寒さと吹雪に耐えながら一命を取り留めたのは奇跡としかないですね。

さらに、常備食としてチョコレートを持っていたこと。

そして、雪山で一命を取り留める方法として雪に穴を掘って一夜を過ごす。

生命力がありますね。

とっさの判断力。

凄いですね。

今回の行動を反省して、これからはもっと命を大切にして欲しいですね。

とにかく無事で良かったです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました