崎陽軒がクルーズ船に寄付したシウマイ弁当が廃棄処分ってマジ?原因は?

ニュース

崎陽軒がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に2月12日に寄付した「シウマイ弁当」4000食が、いまだ乗客に提供されていないことが13日、分かりました。

12日に寄付されたシウマイ弁当の消費期限は12日午後16時だったため、消費期限を過ぎての提供は困難とのこと。

シウマイ弁当は1食860円(税込み)で、提供された4000食は344万円相当です。

一体なぜこんなことが起きたのでしょうか?

原因やネットの声集めてみました。

スポンサーリンク

シウマイ弁当未提供の経緯

当初崎陽軒はシウマイ弁当の提供にあたり横浜市港湾局に相談。

すると、港湾局と船との間で荷物の積み込みなどを調整する代理店が存在することが判明。

すぐさま、代理店との交渉。

その結果、12日の昼食向けに提供することになったそうです。

納品時間は午前10時、提供するシウマイ弁当の数は乗客、乗員分3800食、支援活動をする医療スタッフ、自衛隊分200食の合わせて4000食。

2月12日、崎陽軒は大黒ふ頭に午前10時前には到着。

接岸する船にシウマイ弁当を納品と、代理店から指示されたとおりに行動。

同11時までには船への搬入も済ませたといいます。

クルーズ船内では1日3食の中にお米のメニューは出されていたが、3日に横浜・大黒ふ頭に入るまでは、東南アジアなどで食されるインディカ米のメニューが多かったそうです。

そのため、日本米を欲する乗客も多かったそうです。

ある乗客は、12日午後にシウマイ弁当が寄付されたと知り「あんなに、おいしい弁当はない。早く食べたい」と心待ちにしたコメントをSNSに投稿。

ただ、同日の昼食、夕食は通常通りの船側が用意したメニューで、加えて支援企業が寄付した飲料、カップラーメンなどが提供されたそうです。

それを知った複数の乗客は、SNSなどで

「まだ届いていない」

「シウマイ弁当は、どこに消えた?」

などと発信していました。

結局、2月13日になっても崎陽軒のシウマイ弁当は提供されずに、消費期限の12日午後16時を過ぎてしまったそうです。

4000食廃棄処分になってしまったのでしょうか?

崎陽軒は代理店の指示通りに行動していると思いますが、代理店と船内での意思疎通が不十分だったのですかね。

ネットの声

スポンサーリンク

崎陽軒がクルーズ船に寄付したシウマイ弁当が廃棄処分ってマジ?原因は?まとめ

シウマイ弁当が提供されなかった原因については、代理店側なのか崎陽軒側なのか、はたまた、クルーズ船側なのか不明なままのようです。

しかし、崎陽軒側の善意ある勇気ある行動に少しでも応えてもらえたらなあと思わずにはいられません。

ネットの声も残念や何とかお弁当を届けて欲しかったという意見が多かったですよね。

船内という密室ですから、食べ物一つとっても、なかなか判断を下すのは難しいのでしょうか。

【関連記事①】クルーズ船の新型コロナ陰性者が下船後お寿司屋直行!感染大丈夫?

【関連記事②】新型コロナの北海道感染者は石狩管内と発表!石狩管内ってどこ?広さは?

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました