東京で日本人タクシー運転手が新型肺炎感染!住まいは城南地区?

情報

厚生労働省によると2月13日、東京都内に住むタクシー運転手の日本人男性(72歳)の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表。
国内での感染者は248人。

横浜市に停泊中のクルーズ船乗客乗員と中国・武漢市からのチャーター機での帰国者を除くと、日本人の国内感染者は3人目となりました。

スポンサーリンク

日本人タクシー運転手の感染経路は?

男性は東京都内に勤務する個人タクシー運転手。

1月20日過ぎに、羽田空港から中国人らしき観光客を都内へ乗せたそうです。

その後、1月29日に発熱し、2月6日に入院。

ウイルス検査の結果、2月13日に感染が確認。 

発熱する前までは、中国人らしき観光客以外にも乗客を乗せていたとのこと。

また、乗車した中国人らしき観光客のその後の足取りはつかめていないとのことです。

タクシー運転手の住まいは城南地区とのこと。城南地区って?

タクシー運転手の住まいは都内城南地区と報道されています。

聞き慣れない城南地区。

調べてみたら、港区、品川区、目黒区、大田区の4つを城南地区と呼ぶそうです。

他にも世田谷区と渋谷区も含めて城南エリアと呼ぶ場合もあるそうです。

ネットの声

https://twitter.com/miyaharawiwi/status/1227881414386966528?s=19

スポンサーリンク

東京で日本人タクシー運転手が新型肺炎感染!住まいは城南地区?まとめ

ついに東京でも新型肝炎の感染者が確認されてしまいました。

感染がわかるまでの数日間は通常通りタクシー運転手として業務をしていたと思われます。

従って二次感染三次感染の可能性は否定できないですよね。

さらに、乗車した中国人らしき観光客も日本観光をしているはずですから、そこからの感染も想定されますね。

本当にパンデミックは起きるのでしょうか…

手洗い、うがい、マスクをしっかり行い予防するしかないですよね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました