クルーズ船の厚労省職員41人を検査へ!すでに感染!?新型コロナ

ニュース

加藤厚労相は2月22日(土)の記者会見で、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス」の船内で事務作業などをした厚労省職員のうち、医療関係者や検疫官をのぞき、41名のウイルス検査をすると発表。

下船後2週間は自宅勤務にするとした。

厚生労働省内で検査が一度は検討されたものの、陽性者が多く出た場合の業務への影響などを考慮し見送られていたが、最終的に検査することにしたとのこと。

この右往左往した対応にネットでは様々な意見が相次ぎました。

紹介します。

スポンサーリンク

ネットの声

〇中国当局よりも日本政府の『隠ぺい体質』の方が強いようですね??
各都道府県での検査数がこんなに伸びないのは、かなりの圧力が有りそうだと思いませんか??。。

〇あのクルーズ船の中で、明らかに発熱してダメージのあった高齢者は1週間も船内に放置されてたのに…厚生省職員は検査してもらえてよかったな

〇あれ?高熱4日以上が基準じゃなかったのか?身内の検査は無症状でも迅速にやるのか?船の対応は問題ないと自信満々に宣言したんだから、業務に携わってるからというのは理由になりませんよ。

〇ニュースで当初検査をしなかった理由は、万一陽性者が多く出たら業務に支障が出るから、と報道されていました。なんというレベルの低さ。日本の公衆衛生の中枢がこの程度の意識だとは、怒りを通り越して呆れます。

〇非難されてから決めることではない。厚労相自体が感染症対策の基本中の基本すら履行していない。

〇なんで、危機意識が甘く、対応が遅いのか。一緒に行動した2名から陽性結果が出ても、症状が出ていない一人を2mの距離を取るだけで通常業務に当たらせる。厚労省は、まさに感染症対策の要ですよ。

〇批判に耐えきれず、一定数はやるとしたのでしょう。ここで出るとまた大騒ぎになるがしょうがないと言うことですね。それよりも、まだまだ感染が疑われる人を検査しないのはもう異常としか言いようがない。
何故、民間を全面的に活用しないのか?精度も高いと聞く。人命に関わるのに異常。データとして死者をカウントしたくないとしか考えられない。検査をしなければよくわからない肺炎で亡くなった人がおられてもわからない。

〇これは当然の事でしょう。「陽性が出ると、業務に支障が出るから」という理由で、最初は受けさせない予定だったんですものね。業務に支障が出ないよう、2週間の隔離と、検査の事は最初から想定しておくものだと思うのですが…。本当に後手後手の対応に笑えて来ます。
4月頃には、日本が第二の武漢となっているかも知れませんね。

〇検査しなければ「感染する」と非難され、検査すれば「優先で良いですね」と非難され。一度付いた不信感はなかなか拭えないものですね‥。

〇後手後手の対応に開いた口が塞がらない。封じ込める気あるのかしら。危機管理能力が全く無い日本政府。

スポンサーリンク

クルーズ船の厚労省職員41人を検査へ!すでに感染か!?新型コロナまとめ

クルーズ船で従事した厚労省41名を業務に支障が出るから検査をしないで通常業務に戻す。

危機管理が全く機能していないと言わざるを得ないですよね。

さらに、41人の職員やその家族も堪ったものではないですよね。

ネットの声も厳しい意見が多かったですね。

それだけ、日本の対応が後手後手に回っている証拠かもしれません。

ますます感染拡大が心配されますね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました