クルーズ船下船者で静岡の男性がコロナ感染!スポーツクラブを利用!場所は?

ニュース

横浜港のクルーズ船の乗客だった静岡市に住む60代の男性が下船直後にジムを訪れて浴室を利用していたことが分発覚しました。

この男性はこの後、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

またもや、新型コロナ感染者によるスポーツジムの利用が判明しました。

しかも、今回はクルーズ船乗客の下船直後のスポーツジム利用。

おまけに、ジムの浴室を使い入浴もしたとのこと。

一体どういう事なのでしょうか?

スポンサーリンク

どこのスポーツジム?

静岡市によりますと、男性は大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客で、下船した2月20日と22日に静岡市内の「スポーツクラブセイシン千代田」の浴室を利用したとのこと。

その後、この男性は2月28日に新型コロナウィルス感染が確認。

2月29日にスポーツクラブの職員から保健所に問い合わせがあり明らかになりました。

スポーツクラブは3月1日を臨時休館とし、市の職員による消毒が実施されました。

静岡市は今後、同じ時間帯に浴室を利用した男性客と施設の職員に対し、健康観察を実施するということです。

ネットの声

Twitter / ?

スポンサーリンク

クルーズ船下船者で静岡の男性がコロナ感染!スポーツクラブを利用!場所はどこ?まとめ

なぜ、厚労省はクルーズ船下船者に対する監視を厳しくしなかったのでしょうか?

なぜ、14日間隔離しなかったのでしょうか?

なぜ、自由解散させたのでしょうか?

もちろん、下船直後にスポーツクラブに行ったのはあまりにも非常識なことかもしれません。

それよりも、下船させてすぐに、普段の生活に戻したことを了承した厚労省や国の対応が何とかならなかったのかと残念です。

幸いにも静岡のスポーツクラブはクラブ名や感染者の入浴時間などできる限り公表していますね。

これ以上感染拡大にならないように祈るしかないです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました