新型コロナで札幌市の発寒イオンの従業員が感染!何階に勤務?

ニュース

2020年3月13日、北海道札幌市西区の大型商業施設「発寒(はっさむ)イオン」で感染者が発表されました。

感染者は3階のテナント従業員との噂です。

突然の知らせに館内はかなり大騒ぎだったようです。

その時のツイートを紹介します。

合わせて、館内すべて消毒とのことですが、発寒イオンの大きさってどれくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの声

https://twitter.com/miyu123/status/1238400714210070528?s=19

スポンサーリンク

新型コロナで札幌市の発寒イオンの従業員が感染!消毒って広すぎる!?まとめ

ネットの声の驚きぶりを見ると、この発寒イオンは札幌でも有名な大型商業施設みたいですね。

ツイートにもありましたが、敷地面積は東京ドーム46,752㎡に対し、発寒イオンは何と59,473㎡。

東京ドームのおよそ1.3倍の広さです。

駐車場は2800台。

この広さを消毒するとなると相当な時間が必要です。

子どもから大人まで、たくさんの人で賑わう商業施設なので、感染拡大が心配になります。

濃厚接触者の把握も大型商業施設ゆえ、困難を極めそうです。

心配ですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました