東京五輪開催可能が25%もいるってマジ!?共同通信の世論調査

ニュース

3月16日(月)、共同通信が東京五輪の世論調査を発表した。

結果は開催できないが69.9%と約7割。

開催できるが24.5%、約25%。

安倍首相や小池都知事、森喜朗東京五輪組織委員会長は延期や中止はしないと断言していますね。

しかし、世論調査では約7割が今夏の開催は難しいと考えています。

ネットの声を含めて世論調査の声を紹介します。

スポンサーリンク

スポンサー

ネットの声

・もう日本だけでの問題ではないからね。日本で仮に今後、巻き返して封じ込めができたとしても、世界中から選手や観客を集めてのオリンピック開催は難しいと思われる。

・そろそろ中止や延期を決断したほうがいいかもね。引っ張れば引っ張るほど中止になった時のダメージ大きいと思います

・有効な治療方法や特効薬が見つからない限り開催は無理だと思うよ。夏頃には北半球では治まっていたとしても南半球がどうなってるかわからないし、世界中の人たちが集まったことでウイルスが変異して、スペイン風邪のように秋以降にまた爆発的な再流行が起きたらシャレにならないし。

・オリンピックは、日本だけでなく、世界中での収束傾向または治療法の確立による安心感の確保(結局は治療可能になることでの収束ではある)が必須と思われる。したがって、日本だけの問題ではなく、欧米の傾向を見ても難しいのではないだろうか。

・普通に考えて出来るわけがない。もし日本が出来る状態になったとしても、出場する各国、観に来る方々、そういうところまで全てが万全の状態で初めて開催出来るわけで。一日も早く延期・中止の判断をすべき。

・新型コロナウイルス感染者は今やほぼ全世界中に蔓延しているが、その世界中から来日したらどうなるだろう?今年は断念して2年後開催が日本人も全世界も安心できるのではないだろうか。その方が経済的損失も少なくて済むし、2年後は開催はきっと盛り上がると思う。

・オリンピック開催はIOCが決めること。共同通信は決定権がない日本の世論調査などしてる場合があったら、キーマンであるWHOやIOCに取材しろよって感じ。日本国民が知りたいのは「政府はこんな状況でもオリンピックやりたがっていてとんでもない」という偏見記事ではなく、IOCやWHOがどのような材料でいつ判断するのかである。共同は報道機関としての使命を果たせ。

・これは日本で封じ込めできているか否かの話ではない。いくら日本でコロナウイルスが流行していなくても、世界のどこかに流行している国があれば、そこからの選手派遣をどうするのか?という話になる。流行している国が多数あれば、そこからの選手派遣を、日本は受け入れるのか?どうするのか?世論調査で報道するような話でもない。

スポンサーリンク

東京五輪開催可能が25%もいるってマジ!?共同通信の世論調査まとめ

世論調査の声では約7割が今夏の東京五輪開催は難しいと判断しています。

今や世界中に感染拡大している新型コロナウィルス。

イタリアやスペイン、ドイツといった欧州各国や非常事態宣言を発発表した米国の状況からここ数ヶ月で状況が好転することは難しいと言わざるを得ないのではないでしょうか…

それにもかかわらず、世論調査で約25%の方が開催できると回答したことにも、ネットでは驚きの声があがっていましました。

世論調査の結果で東京五輪の開催が決まるわけではありません。

最終的にはIOCが5月に決定するとのこと。

その結果を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました