松坂大輔が中日退団そして西武ライオンズ復帰へ!?

プロ野球

平成の怪物、中日ドラゴンズ・松坂大輔投手(39)の退団が10月4日決定しました。

同日、ナゴヤ球場で加藤球団代表と面談して退団する意思を伝え、来季も契約する意思を示していた球団も了承しました。

松坂は現役続行を希望しており、今後は古巣西武ライオンズへの復帰が濃厚のようです。

去就に注目ですね。

スポンサーリンク

松坂大輔が根尾や柳といったドラゴンズ選手に与えた影響とは?

平成の怪物は多くの選手の人生にも影響を与えていたようです。

まず、今季11勝で名実ともにドラゴンズのエースとなった柳。

柳にとって平成の怪物、松坂大輔は幼い頃から憧れの存在。

メジャーリーグで活躍する平成の怪物、松坂大輔の背中を追い、同じ横浜高校へ入学しました。

その柳、松坂から退団の意思を知らせるLINE(ライン)をもらって涙が止まらなかったそうです。

柳は「直接連絡をもらって感謝。憧れの大先輩と同じ球団でプレー出来て、本当に夢のような時間でした」と涙ながらにコメント。

柳は、今季、2桁勝利にあと1勝と迫りながら2カ月間、白星から遠ざかりました。

その苦しい時期に、松坂は登板のたびに激励を込めた連絡をくれたそうです。

松坂に何度も食事に誘ってもらったが、その振る舞いは優しさと後輩への気遣いであふれていたそうです。

さらに、柳は「プロ野球選手松坂大輔だけでなく、一人の人間として目指していきたい存在。

松坂さんの成績に近づけるように頑張りたい」とコメント。

柳はこれからも平成の怪物、松坂大輔のその大きな背中を追っていく。

また、松坂のように甲子園のスターとして鳴り物入りで入団した根尾は

「1年間でしたけど、伝説のピッチャーと言われる方を近くで見させていただいたのは財産です。

プロとしてのファンへの接し方などはたいへん勉強になった」と感謝のコメントでした。

根尾の心にも松坂大輔の存在が大きいものだったのですね。

退団理由は恩人の森繁和元監督&デニー友利元コーチがいなくなるから?

与田監督は「退団することは本人の意思なので尊重しないといけないですが…。寂しいですね」とコメント。

松坂との会談を終えた球団の加藤代表は「『いろいろ考えたすえ、ドラゴンズを退団することにしました』と言われ、こちらからは『わかりました』と話をした」と語りました。

加藤代表によれば、10月3日に松坂から退団する意思を告げる電話があったといいます。

加藤代表は「『ドラゴンズで2年間、ありがとう』という話をした。

彼のような平成の怪物が我が中日ドラゴンズで2年間プレーしてくれて、若い選手たちもすごく影響を受けて、非常に感謝している」とも話したそうです。

今季はキャンプ中に右肩を負傷したために、大幅に調整が出遅れてしまい、1軍昇格はオールスター後。

わずか2試合の登板で0勝1敗。

7月28日に2軍に降格し、そのままシーズンを終えていました。

去就が注目された中、9月1日に加藤代表と会談し、現役続行希望を伝えたそうです。

そして9月27日に行った2度目の会談において、球団から来季も松坂と契約する意思を伝えたそうです。

来季の年俸は今季の推定8000万円から減額制限を超える大幅減とする意向を伝えられたそうです。

それを受け、松坂からは次のコメントがありました。

「先日、森繁和元監督さんとデニーさんが退団。

僕に声をかけてくれてドラゴンズに入れてもらった2人が退団することになったので、僕もいちゃいけないかなと思って、退団することを考えて、代表に伝えさせてもらった」

また、松坂はファンや球団に対して感謝の気持ちも次のように述べています。

「2年間という短い期間でしたが、球団には感謝しかない。

大した力になれなかったが、一生懸命応援してくれたファンにも感謝している。

チームメートとも一緒に野球をやってたかった気持ちも強かったが、自分自身の残り少ない野球人生を考えたとき、出る方がいいのではと考えた。

2年間本当にありがとうございました」

時おり言葉を詰まらせながら、コメントを残していましたね。

スポンサーリンク

来季は古巣西武ライオンズ復帰!?

松坂大輔の来季の所属球団が気になりますね。

本人は意中の球団とかは明言していません。

個人的には、新人で入団した西武ライオンズに復帰して欲しいです。

あの、西武ライオンズの選手として初登板で魅せたボールがホイップするように見える【ジャイロボール】は東京ドームを興奮のルツボと化しました。

そして、西武球場(当時)でイチローを3三振に仕留めた平成の名勝負、そこから生まれた名コメント。

「自信が確信に変わりました」

ちなみに、私は、このコメントを生で聞いています!

痺れました!

横浜高校時代から、平成の怪物と呼ばれ、ここまで活躍してきた松坂大輔。

まだまだ、現役で頑張って欲しいです。

松坂世代の代表として、これからも、応援しています。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました