愛知県警のデマの出所は?「息を吸い10秒我慢でコロナ感染低い」

新型コロナ

愛知県警は4月10日、広報課の公式ツイッターで「深く息を吸って10秒我慢し、咳(せき)や息切れがなければ、新型コロナウイルス感染の可能性は低い」と投稿。

しかし、その後、この内容が誤った内容だったと謝罪していたことがわかった。

なぜ、このような誤った情報を流してしまったのでしょうか?

そもそも、この情報の出所はどこからでしょうか?

スポンサーリンク

<>愛知県警の釈明~デマの経緯

 愛知県警の公式Twitterは、「不正確な情報をつぶやいてしまい、申し訳ありませんでした」などと謝罪文が掲載。

さらに愛知県警広報課は「県民の不安を少しでも和らげたいという思いが先走ってしまった。今後は真偽を確認し、慎重な情報提供を心がけたい」とコメントしました。

デマの出所は?

愛知県警が投稿した内容は、既に多数転載されていたものでした。

しかし、その真偽も確かめもせずに投稿するなんて、情報管理のずさんさを疑われても仕方ないですね。

デマの情報がこちらです。

日赤医療センタードクターからの情報共有ですという連絡がありました。
以下抜粋です。

(前略)台湾の専門家は、毎朝、自身でチェックできる簡単な診療を提示してます。深く息を吸って、10 秒我慢する。咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。(中略)15 分毎に水を一口飲むのが良いそうです。ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって、食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。(後略)という内容です。
全くのデマですのでもしこういう内容がSNSで来た場合は絶対拡散しないようにしてください。
チェーンメールのようですので注意ください。

情報の出所は日赤医療センターのドクターからとなっています。

これも、真っ赤な嘘とのこと。

WHOの見解

世界保健機関WHO)は公式サイトで10秒呼吸を止めてせきがでなくても「感染していないということを意味しない」と説明。

ネットの声

・不確実な情報は、国民を惑わす。
コロナの情報発信は「保健所」「厚生労働省」「政府官邸」等が発信すればよいと思う。
まして警察が、コロナの情報発信をするのは「コロナに関連する犯罪情報」だけでいいと思います。

・県民の不安を少しでも和らげたいという思いが先走ってしまった。今後は真偽を確認し、慎重な情報提供を心がけたい。
散々デマには気をつけてって注意されてるのに真偽を確認してないところが馬鹿過ぎ。警察組織がこんな仕事してたら冤罪生むのもわかる。

・警察が信憑性 裏付け 根拠のない情報を流してしまっては、それが真実でない場合 今後の情報の信憑性が薄くなってしまいます。国民や県民をいち早く安心させたいという気持ちは十分わかりますが、今回の件はちょっと早とちりし過ぎましたね。こういう時こそ、情報発信者は、真実を確認し慎重にそして速く情報を伝えなければなりませんね。

・新型コロナ関連では愛知県が特に奇行で目立ってますね
名古屋ではスーツケースにマスクを詰めて路上販売する集団がいるとか…いわゆる転売屋がネット転売出来なくなって手売りしはじめたのかなモラルハザードが怖いですね

・転載情報をそのまま流すとか、どう考えても警察のリスク管理能力が問われると思いますよ。
だいたい、そういう医学的情報を警察が流す筋合いのものではないでしょう。この前の剣道と言い、しっかりして欲しいと思います。

スポンサー

愛知県警のデマ「息を吸い10秒我慢でコロナ感染低い」の出所は?まとめ

チェーンメールということで、このような情報はしっかり確認しないといけないですよね。

ましてや、警察という組織であるなら、なおさらですよね。

今、何かとコロナ対策で話題の愛知県での出来事だけに、余計にネットなどでは、厳しい意見が多くなりますよね。

チェーンメールを流すのもどうかと思います。

情報の取り扱いにはなおさら慎重にならないと、いけないですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました