渋谷署の留置場でコロナ集団感染!集団結核発生の過去も!

新型コロナ

警視庁は4月18日、渋谷署の留置場に勾留していた20~60代の男性5人が新型コロナウイルスに新たに感染したと発表。

渋谷署ではこれまでに勾留中だった2人の感染がすでに確認されており、クラスターが起きた可能性もあるようです。

同庁は渋谷署の留置場を週明けにも閉鎖するとしています。

渋谷警察署は過去にも結核が発生したこともあります。

今回の原因は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

感染経緯

警視庁によると、12日までに判明した2人の感染経路が不明なことから、留置場に勾留中の全員と留置業務に当たる全職員計約50人の検査を16日に実施。

その結果、18日に5人の陽性が判明。

うち4人は無症状とのこと。

2015年には集団結核感染も!

留置場はいわゆる三密状態です。

他の留置場でも新型コロナウイルスに感染したというニュースも出ていました。

実は、今回の渋谷警察署では、2015年末に19名の警察署員が集団結核に感染したことがありました。

この時は、留置場の男性から集団感染が発生したと言われています。

このような過去がある渋谷警察署ですから、新型コロナウイルス対策については万全を期していたものと思われます。

それなのに、またしても集団感染、クラスター発生かということで、渋谷警察署に衝撃が走っているようです。

新型コロナウイルスの感染力は強力なのでしょうか?

ネットの声

・留置場や刑務所で発生すると、重症者以外をホテルへ退避ともいかないので、これから大きな問題となるでしょうね。

・警察官も命懸けだな。犯人が感染者であっても逮捕するには濃厚接触は避けられないし。防護服着て追いかける訳にはいかないし。どうするのだろうか。

・これはもう完全にオワタと思う。
最低限の処置はされるだろうが積極的延命はここまで届かない。
悪いことはしないに越したことはないと思う。留置所は三密の条件があまりにも揃っていると思う。
被疑者に出ても警官に出てもその影響は絶大。あちこちの留置所で同様の事例が発生したらどうなってしまうのであろうかと思う。

・パトカー等で移動する時は警察官も2〜3人同乗することから、もし逮捕した人が感染していたら高確率でうつる可能性がある。仮に留置所内で体調不良をうったえた場合には、医療機関に連れて行くにしても警察官が同行しなければならないから、1日で数人〜数十人の警察官が濃厚接触となり、自宅で様子観察をすることになる。逮捕から起訴まで48時間となると、PCRの結果が出るまで間に合わない。そうなると釈放される可能性の方が高い。
陽性が出たとしても被疑者の感染者を受け入れられる医療機関も限られて来る。対応を急いだ方が良いと思います。
このままだと街から警察官がいなくなります。

スポンサーリンク

渋谷署の留置場でコロナ集団感染!集団結核発生の過去も!まとめ

ネットの声にもありましたが、留置場や刑務所や警察署でクラスターが発生してしまう確率は高いですよね。

まさに、警察署員は命懸けの仕事です。

だからこそ、クラスター発生しないように万全の対策がよりいっそう求められていますよね。

留置場にいる人がコロナに感染した場合には隔離とかはどうなるのでしょうか…

過去にも集団結核が発生しているとのこと。

これ以上感染拡大しないことを祈るしないですね。

タイトルとURLをコピーしました