山梨でツーリング男性が転倒し重傷!東京在住50代!場所は?

新型コロナ
新型コロナウイルスでレジャーや観光で来県自粛要請している山梨県。
 
4月26日午前10時35分ごろ、山梨県甲州市塩山上萩原の国道411号で東京都青梅市長淵、会社員、小原勇一さん(56)のオートバイが転倒。小原さんは背骨を折るなどの重傷を負った。
 
日曜日にバイクでツーリングということは、観光やレジャーでの来県だったのでしょう。
 
バイク転倒で全国紙に氏名などを記事にされてしまうのは、やはり、来県自粛中だったからでしょうか?
ネットの声を紹介します。

スポンサーリンク

 

事故概要

 
日下部署によると、都内のツーリング仲間2人と青梅方面から山梨市牧丘町方面に走行中、右カーブでバランスを崩したという。
 
山梨県は新型コロナウイルスの緊急事態措置として、5月6日まで観光・レジャー目的での来県の自粛要請を行っている最中だったとのこと。
 

事故現場は?

事故現場は国道411号とのこと。

確かに地図で見ると山道をクネクネ行くみたいですね。

ネットの声

https://twitter.com/ai07203/status/1254604433276596225?s=19

スポンサーリンク

山梨でツーリング男性が転倒し重傷!東京在住50代!場所は?まとめ

ネットの声にもありますが、これくらいの事故で名前を晒すのはよくないという意見。

逆に、この新型コロナウイルスで外出自粛、来県自粛にも関わらず趣味のツーリングで外出したのだから、名前を晒すのは妥当という意見。

どちらも言い分はあると思います。

でも、今は、感染しないように不用不急以外は外出自粛するのが普通だと思います。

医療従事者の方へ余計な負担になります。

地図にもありますように事故現場付近はツーリングで楽しめそうな山道でした。

自らを律していくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました