黒川検事長が「接待賭け麻雀」疑惑!?産経新聞記者は誰?週刊文春

ニュース

文春砲炸裂です。

東京高検検事長の黒川弘務氏が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明。

これが事実であれば、大変なことになります。

スポンサーリンク

接待賭け麻雀の状況

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hideki Matsunaga(@matsu1801)がシェアした投稿

接待賭け麻雀が開催されたのは5月1日。

5月1日と言えば、国の緊急事態宣言中であり、小池都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請していた期間。

夜7時半頃に都内の産経新聞記者の自宅マンションに集合。

午前2時近くまでマージャンは続いたそうです。

麻雀は麻雀卓を4人が囲むことから、まさに「3密状態」。

おまけに騒音もうるさいので、窓を換気していたとは思えません。

東京都も雀荘に休業を要請している。

さらに、賭け麻雀については、金銭の授受が少額であっても、立派な賭博罪に該当。

噂では黒川氏のが10万円の勝ち分だったとか…

麻雀を終えた黒川氏は、産経新聞が用意したハイヤーで帰宅。

帰宅の際にはマスクは着用していなかったとのこと。

週刊文春は黒川氏に取材したが、一切答えず。

さらに、5月13日にも同様に黒川氏は産経新聞社会部記者宅に向かい、深夜まで麻雀をしていたとのこと。

黒川氏は麻雀好き?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Anglomania(@dj.higashi)がシェアした投稿

 

産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。

その際には各社がハイヤーを用意するのが通例とのこと。

産経新聞社会部記者や朝日新聞記者って誰?

黒川氏と麻雀をしたと噂されている産経新聞社会部記者や朝日新聞記者などの名前などは、明らかになっていません。

産経新聞広報部のコメント

取材に関してはノーコメントとのこと。

朝日新聞広報部のコメント

朝日新聞広報部は、社員の業務時間外の個人的行動について詳細はお答えいたしかねますが、お尋ねのような行為があったとすれば、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられている状況下でもあり、不適切だったと考えます。

弊社として適切に対応いたします。

政府のコメントは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

安倍晋三(@shinzoabe)がシェアした投稿

 

安倍首相や菅官房長官など政府からのコメントはいまのところありません。

ただし、安倍政権で与党である公明党石田祝稔政調会長は20日の記者会見で、新聞記者と賭けマージャンをしていたと週刊誌で報道される黒川弘務東京高検検事長について次のようにコメント。

事実であれば職務を続けられる話ではない。

ネットの声

スポンサーリンク

黒川検事長が「接待賭け麻雀」疑惑!?産経新聞記者は誰?週刊文春まとめ

この文春砲が事実であれば、黒川氏の辞任は免れないですよね。

さらに、賭け麻雀は違法ですので、罪にも問われます。

それと、検察庁法改正案も廃案は決定的かと思います。

この責任は誰がとるのでしょうか?

賭け麻雀の相手が産経新聞と朝日新聞の記者とのこと。

誰か名前などは明らかになっていませんが、マスコミと検察もいわゆる「ズブズブ」の関係なのでしょうか?

黒川氏を叩く事が多すぎるほど、文春砲の衝撃は計り知れないですね。

誰がリークしたのかわかりませんが、政権を揺るがす大事件に発展していきそうですね。

【関連記事】黒川検事長「訓告処分」のみ?退職金はいくら?賭け麻雀

 

タイトルとURLをコピーしました