コロナ専門家会議の議事録が未作成の理由は?指示ミス!?

新型コロナ

5月28日、政府は、新型コロナウイルス感染症の対策を検討してきた専門家会議の議事録を政府が作成していないことが判明。

新型コロナは「歴史的緊急事態」に指定されています。

このままでは、未来における専門家会議の決定プロセスなどの検証の妨げになる可能性があります。

なぜ、議事録が作成されないのでしょうか?

ネットは大荒れです。

スポンサーリンク

議事録が作成されない原因は?

西村大臣の勘違い?責任逃れ?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kenji(@kenji8416)がシェアした投稿

 

西村大臣は3月の参議院予算委員会で、専門家会議についてはしっかりと記録を残す。

と答弁していました。

ということは、西村大臣は、議事録作成の指示をしていたと思うのですが…

それとも、細かい発言まで記録として残しておくと、責任が降りかかってくる恐れがあるので、議事録を作成させなかったのでしょうか?

議事録と議事要旨の違いは?

専門家会議事務局の内閣官房の説明は、専門家会議メンバーの詳細な発言内容などの、いわゆる、議事録は作成していないとのこと。

ただし、議事録は作成していないが、議事の概要と資料は公表しているとのこと。

メンバーがどのような発言をしたかの細かい内容こそ、未来への検証材料になるはずです。

まさか、西村大臣が3月に答弁した記録というのは議事要旨のことを指していたのでしょうか?

ネットの声

スポンサーリンク

コロナ専門家会議の議事録が未作成の理由は?指示ミス!?まとめ

新型コロナウイルスは歴史的緊急事態なので、その専門家会議で、どのような意見が交わされたのかは、記録として残しておかないとおかしいですよね。

西村大臣も3月の答弁で、記録を残すと発言されています。

もしや、西村大臣の記録というのは、細かい発言内容を記録した議事録ではなく、内閣官房が説明した簡単な議事要旨のことだったのでしょうか?

細かい発言内容を記録した、いわゆる議事録でないと歴史の検証が出来ないと思います。

それとも、聞かれてはまずい言動や判断などがあったのでしょうか?

専門家会議メンバーが記者会見などを開催して、真実を語ってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました