陽性率0.43%は低い?高い?SBGがコロナ抗体検査

新型コロナ

ソフトバンクグループ(SBG)は6月9日、同社の従業員や医療機関の関係者を中心とする4万人以上を対象に新型コロナウイルスの抗体検査の結果を発表。

その結果、陽性率が0.43%だったとのこと。

この陽性率0.43%という結果について、Twitterでは様々な意見が飛び交っています。

紹介します。

スポンサーリンク

検査実施内容

検査期間は5月12日から6月8日。

対象件数は4万4066件。

うち、陽性件数は191件。

陽性率0.43%。

なお、医療従事者の検査件数は5850件で陽性率は1.79%だった。

ソフトバンクグループの孫会長は、抗体検査や唾液PCR検査では、民間企業が、あまりリスクを伴わずに検体を採取できると説明。

広く徹底的に検査して感染者を認知・隔離すれば、社会活動の継続や第2波の予防につながると述べました。

なお、以前、日赤保存血液500人分で抗体検査した際は、0.5%の陽性率だった。

累計陽性者は日本全国で54万人!?

今回のソフトバンクグループの抗体検査による陽性率0.43%。

これを、日本人の人口約1億2590万人に当てはめると、約54万人。

単純計算にはなりますが、現時点での日本全国の新型コロナウィルス陽性者は約54万人と予想されますね。

現在発表されている累計陽性者数は1万7千人。

そうなると、約54万人から約1万7千人を引いた約52万3千人が感染未確認のまま治癒して抗体ができた可能性がありますね…

この約52万3千人は、新型コロナウィルスのワクチンなどが開発されない限り、感染リスクがあるかも知れないということを示していることになるのでしょうか。

日本以外の国の陽性率は?

日本以外の諸外国における同様の抗体検査の陽性率はどうなのでしょうか?

〇ニューヨーク(米国)…12.2%

〇ロンドン(英国)…19.9%

〇マドリード(スペイン)…17.5%

単純比較では日本の陽性率は諸外国に比べて低いですね。

ネットの声

スポンサーリンク

陽性率0.43%は低い?高い?SBGがコロナ抗体検査まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ソフトバンク(SoftBank)(@softbank_official)がシェアした投稿

ソフトバンクソフトバンクグループ約4万人からの抗体検査で陽性率が0.43%。

単純計算でも日本全国では約54万人が新型コロナウィルス陽性だった可能性があるということになりますよね。

諸外国の陽性率と比べれば低い数値にはなりますが、だからと言って感染しないとは限りません。

今以上に新しい生活様式を徹底して、感染リスクを抑える自己努力をするべきですよね。

ワクチンや特効薬が開発されないと落ち着かない日々が続くのでしょうか。

抗体検査については、これからもっと対象件数を増やして研究して欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました