隕石落下!?大きな流れ星出現!被害は?関東上空

ニュース

7月2日午前2時32分ごろ、関東上空に大きな流れ星(火球)が相次いで発見されたとの情報がSNSなどで話題になりました。

流れ星なのか隕石なのか…

不思議な現象にネットでは大騒ぎでした。

今のところ被害などは確認されてはいません。

スポンサーリンク

火球の形や音は?

火球の映像がこちら

突如現れた火球の流れ星?

数分後には爆発音も聞こえたそうです。

火球が破裂した際の音が地上まで届いた可能性とのこと。

流れ星は西から東の空へ飛び、数分後に室内でも聞こえる大きな音が聞こえたという。

星空の専門家も、火球らしき音を初めて聞いた方もいるそうです。

音は遠雷のような音だったそうです。

東京や神奈川、埼玉、千葉でも確認されていたようですね。

火球という流れ星とは?

流れ星は、宇宙を漂う「ちり」が地球の大気とぶつかって光る現象。

大きなものが地上まで落ちてくると隕石(いんせき)と呼ばれます。

隕石が発見された例としては、1908年、ロシアでシベリアの森林を数十キロメートル四方にわたってなぎ倒したと記録されています。

また、2013年にもロシアのチェリャビンスク州上空で隕石が爆発し、衝撃波で建物のガラスが割れたり、けがをしたりする人が出るなどの被害がありました。

ネットの声

スポンサーリンク

隕石落下!?大きな流れ星出現!被害は?関東上空まとめ

ネットの声を見ると、関東のかなりの地域で火球、流れ星が発見されていますね。

しかも爆発音がかなりの衝撃だったようで、隕石落下とも言われていましたね。

専門家でも聞いたことのない音だったとのこと。

火球が爆発して被害があったかなどの情報が現在まで報告されていないみたいです。

ネットの声では、火球、流れ星の爆発音が「上の階の人の音」と思った方もたくさんいたようですね(笑)

新型コロナウィルスで世界が揺れているなか、火球、流れ星、隕石?が襲ってきたらパニックどころではなくなりますね…

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました