「夜の街」を「社交飲食店」に呼称変更する意味は?厚労省コロナ対策

新型コロナ

新型コロナウイルス感染症対策を検討する厚生労働省の「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字・国立感染症研究所長)が7月14日、開催されました。

その中で、新宿歌舞伎町などの繁華街、いわゆる「夜の街」と呼んでいたのを【社交飲食店】へ統一することも発表されました。

「夜の街」が一転【社交飲食店】へ呼称変更。

夜の街というとお店が限定されてしまうのを危惧したのか…

この記事にネットの声では、いろんな意見がありましたね。

社交と聞くと、鹿鳴館やダンスパーティーなどを思い浮かべてしまいますが(笑)

スポンサーリンク

ネットの声

社交飲食店という命名に違和感のある意見が多数です。

厚労省としては、どのような意味があって呼称変更したのかよくわかりませんね…

https://twitter.com/ogino_otaku/status/1283066907671707648?s=19

スポンサーリンク

「夜の街」を「社交飲食店」に呼称変更する意味は?厚労省コロナ対策まとめ

ネットの声にもありますが、社交飲食店という名称はますます国民を混乱させてしまいますね。

たとえば、一人ずつ仕切りのある飲食店などは社交にならないのか?などなど。

なんか、言葉遊びみたいで物事の本質を理解していないような気がしてなりません。

しっかり指導や監視する立場なのですから、呼称変更ではなく新型コロナウィルス感染者を出さないような方法を発信して欲しいですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました