ススキノのキャバクラでクラスター!店名は?濃厚接触600人!

情報

札幌の歓楽街ススキノのキャバクラでクラスター発生です。

7月15日、従業員や客12人が新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)に認定されました。

濃厚接触者はおよそ600名いるとのこと。

店名公表については店側の許可が下りないとのことで未公表。

この店名未公表にネットの意見は様々です。

スポンサーリンク

ススキノの感染対策

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ryoichiro Yoshida/吉田凌一朗(@ryoichirooooo)がシェアした投稿

ススキノ地区で接待を伴う飲食店を営む関係者達からは、クラスター発生に困惑が広がっています。

ススキノでは、感染防止のために、客と客の間に感染防止シートの設置や、入店時の検温、ソーシャルディスタンスなどの対策は講じています。

ただ、現実問題として、アルコールなどが入ってしまったりすると、客とスタッフの間で距離をとるのは難しい模様。

実際、今回クラスター発生したお店では、従業員がマスクなしで接客していたという噂もあります。

また、従業員の1人が、新型コロナウィルスに感染していたにも関わらず、お店には未報告だったことが判明しています。

札幌市の感染防止対策

札幌市はススキノでのクラスター発生を受け、PCR検査センターを設置するとのこと。

今さら設置とは、遅すぎるかもしれませんが、これ以上クラスター発生を防ぐためには、必要なことです。

店名は?

濃厚接触者が600名なので、これ以上感染拡大を防止するには、店名公表して、濃厚接触者にPCR検査を受けてもらわないといけません。

しかし、このお店は公表には反対しているとのこと。

ただし、一日あたり40名ほどの客を相手にしているお店は限られてくるとのことで、いずれ噂になって広がっていくのではとも言われています。

こうなると、あらぬ噂ばかりが広がり、ススキノ全体が悪いという風評リスクの懸念があると思うのですが…

先日、鹿児島でクラスター発生したお店は店名公表しましたね。

「おだまりLEE男爵」

店名公表したことで、その姿勢を評価されて、営業再開したら行ってみようという声があると聞きます。

ネットの声

https://twitter.com/LEN0NOA/status/1283527795050610688?s=19

https://twitter.com/iVhUNB26laYqv4U/status/1283540473940807681?s=19

https://twitter.com/positivetegoshi/status/1283299002968989696?s=19

スポンサーリンク

ススキノのキャバクラでクラスター!店名は?濃厚接触600人!まとめ

店名については、公表されていません。

店名公表するとプライバシーなどもさらされてしまう恐れもあるのですかね…

ただ、店名公表したくないということは、世間一般から見ると、公表できない何かがあると逆に風評リスクが多くなると思いますよね。

そのお店だけではなく、ススキノ一帯が危険と言われてしまい、飲食店などは大打撃を受けてしまう恐れがありますよね。

肝心なのは、濃厚接触者600人に一日も早くPCR検査を受けてもらうこですよね。

札幌市や北海道の対応に注目です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました