東京都民と東京発着は対象外!キャンセル代は?GoTo見直し

情報

急転直下の出来事です。

消費喚起策の「Go Toキャンペーン」のうち、今月7月22日から始める予定の「Go Toトラベル」

しかし、東京で新型コロナウイルスの感染者数が再び増加傾向にあることから、全国一斉に実施するのではなく、東京発着の旅行と東京都民の旅行は対象外にすることが決定されました。

あれほど、連日新型コロナウィルス感染者数が東京で200名超となっても、GoToトラベルの延期はないと政府は断言していました。

すでに、都民の中には宿泊施設や新幹線や飛行機などを予約しているはず。

また、東京へ旅行に来る予定だった人もかなりいるはずですよね。

その人たちのキャンセル代とかは免除されるのでしょうか?

スポンサーリンク

何故東京は対象外?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小池百合子 東京都知事(@yuriko.koike)がシェアした投稿

 

表向きは、東京の感染者数が増えてきているということのようです。

しかし、先日、小池都知事が、国から感染者が増えているのは東京が悪いと言われたことに反発したことから、東京への見せしめとして東京だけ除外にしたという噂もあります。

国交省の対応

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

たかking 広島県民で末期色民(@takaking_86)がシェアした投稿

東京都民は旅行できない?

国土交通省内でも衝撃が広がっているようです。

まさに寝耳に水だったとか。

今回の東京都発着禁止の運用方法については、都外の人が免許証を提示して都民じゃないことを証明する必要があるとのこと。

ただし、これから東京都内をどこで線引きしていくかというところに不公平感が生まれる可能性もあるので、まだまだまた議論を呼びそうですね。

東京を通過するのもダメなのですかね…

ネットなどでは、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーは東京都のくくりになるのか?との議論が活発になっています…

キャンセル代などの補償は?

さらに、国交省によると、すでに都民で宿泊施設や切符など予約をしている人、22日以降の出発で予約をされている人は補償がないということです。

補償がない…

これも、大混乱になりますね。

お客様をお待ちしている観光地や宿泊施設などは、キャンセルなどの対応に追われて経済を回すどころではないですよね。

ネットの声

スポンサーリンク

東京都民と東京発着は対象外!キャンセル代は?GoTo見直しまとめ

国交省内ですら、知らされていなかったGoToトラベルの東京除外。

東京発着ダメ、東京都民は旅行してはダメ。

このGoToトラベルキャンペーンは本当に22日から開始されるのでしょうか?

東京都民が旅行出来ないということでも経済的な打撃は大きいはず。

また、東京除外する場合に都民ではないことを証明とか、本当にやるのでしょうか?

東京ディズニーランドは除外ではないようですね(笑)

今後の国の対応に注目ですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました